スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆布王国の富山県の話

2013.01.14.Mon.23:45

富山県は、富山湾に面しており、日本海の豊富の海の幸が獲れます。ブリ、ホタルイカ、シロエビ、カニなど名物に事欠きません。この富山県で、意外な海の産物が消費量日本一なのをご存じでしょうか。それは「昆布」です。

富山県と昆布についてご紹介します。



■「昆布〆」がまず富山の名物です!

昆布〆(じめ)は富山の郷土料理です。今でこそ乙な割烹料理屋に行けば、メニューに昆布〆などと記載されていますが、もともとはどこにでもある料理ではなかったわけです。

富山の昆布消費量が今でも日本一な理由は、江戸時代にまで遡ります。日本海側の物流ルート、北前船が来る海上交通の要衝であった富山は、北海道からもたらされる昆布の大量消費地だったのです。

この北海道産昆布は富山の食文化に大きな影響を与えたと考えられています。昆布〆もこの中から生まれました。昆布〆にすると、刺し身も数日もたせることができ、また昆布のうまみ成分(グルタミン酸)が刺し身に加わって、味わいが変化するのです。

現在では昆布〆というとヒラメなどの淡泊な白身魚に用いる技法として有名ですが、富山ではそれに限りません。ホタルイカの昆布〆、甘えびの昆布〆といったものもあり、お土産としても人気を得ているようです。

■かまぼこも昆布で巻いてます

富山では魚介類が豊富なため、練り物でも有名です。舌平目や金時鯛といった魚をかまぼこに仕立てるのですが、大変にぜいたくで美味です。このかまぼこにも昆布が登場します。

そのままでも美味しいのですが、「昆布巻きかまぼこ」というのがあるんです。独特の味でファンも多い製品だそうです。

■とろろ昆布のおにぎり

コンビニでも販売されています。なかなかほかの地域では見られないものですが富山ではごく普通です。ローソンでは「黒とろろ昆布おにぎり」などを販売しています。また、家庭でもとろろ昆布のおにぎりが特別ということはないそうです。

■とろろ昆布のうどんは美味しいですよ!

うどんに「とろろ昆布」を入れる人は全国にどのくらいいるでしょうか。昆布にはうまみ成分であるグルタミン酸が含まれていますから、うどんやそばに入れておいしくなりこそすれ、マズくなるわけないですね。いわば天然の「味の素」みたいなものです。

富山は昆布消費量が日本一だけあって、温かい「とろろそば・うどん」のほかに「冷やし とろろそば・うどん」があります。また、お店によっては、「とろろ昆布」を追加トッピングできるお店も。美味しいですよ!

■学校給食にもとろろ昆布が

富山では学校給食のご飯、特にお弁当ご飯の時にとろろ昆布が付いてくることがあるそうです。とろろ昆布をのして、のりのようにシート状にしたものが出ることもあるとのこと。ほかの県ではあまり見られないおかずですね。

■富山おでんには「とろろ昆布」

最近、名前が知られるようになった「富山おでん」です。「富山おでん会」が結成されており、地魚、富山県産の野菜類を使うことと共に、とろろ昆布をかけることを「基本」としています。これから全国区になるのではないでしょうか。

(高橋モータース@dcp)

⇒富山の昆布〆を買えるサイト『いきいき富山館』
http://www.ikiiki-toyama.co.jp/products/list.php?category_id=57

⇒富山おでん会のサイト
http://www.hokurikumeihin.com/toyamaoden/index.html


↑ポケットに忍ばせておく、おやつ用「ヘルシーこんぶ」。


↑驚きの「形状記憶昆布」。お茶に入れると「大吉」の文字になります(笑)。「寿」と「祝」バージョンの製品もある。


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。