スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラモデル女子が増えている!

2012.11.05.Mon.23:15

プラモデルを楽しむ女性が増えているのを知っていますか? 女性はどんな風にプラモデルを楽しんでいるのでしょうか。女性プロモデラーの第一人者オオゴシ*トモエさんにお話を伺いました。



■プラモデル女子は増えている

――プラモデルを作って楽しむ女性が増えているとお聞きしたのですが、本当でしょうか。

オオゴシさん はい。2~3年ほど前から、徐々に、じわじわとですが増えていると感じています。模型ショップやホビー関連のイベントで女性を見かけることも多くなりました。

――オオゴシさんご自身はどのようなきっかけで、いつからプラモデルを作っているのですか?

オオゴシさん もともと、幼いころから絵を描いたり、工作をしたりと手を動かすことが大好きだったので、その延長でごく自然にプラモデルを作るようになりました。父が帆船模型やプラモデルを作っていたので、その影響も大きかったのだと思います。小学生のときは友達同士で集まってガンプラ(機動戦士ガンダムの)を作ったり、夏休みの自由工作で恐竜のジオラマを作って提出していました。

――オオゴシさんはなぜプロモデラーになったのですか?

オオゴシさん 実は最初は声優を目指して、声優の育成ユニットに所属して活動していました。そのユニットのプロデューサーに、プラモデルが好きで作っていることをお話したら、プロデューサーの知り合いに有名なプロモデラーさんがいて、すぐにご挨拶に伺うことになったんです。そのプロモデラーさんとお話していると「女の子でプラモデル好きなのは珍しいね」ということになり、模型専門雑誌の『ホビージャパン』編集部にご紹介いただけることになりました。

――では不思議な縁があったんですね。

オオゴシさん そうですね。それから間もなく、『月刊ホビージャパン』で「女の子をモデラーに育てよう」という連載記事を担当させていただけることになりまして、2年半の連載の後、プロモデラーとしての活動をスタートして現在に至ります。

■男性と女性の違いとは!?

――男性と女性でプラモデルに対する意識にはどのような差があるのでしょうか?

オオゴシさん 男性の場合は、たとえばガンプラのようなキャラクターのプラモデルでは、どれだけ設定に近付けることができるか、車や飛行機、戦車などのスケールモデルでは、本物の実車や実機を忠実に再現できるかにこだわる人が多いように思います。対して女性の場合は、元々手芸とか、ネイルアートとかが好きで、つまり手を動かすのが好きで、その延長線上にプラモデルもある、そんな人が多いように思います。

――なるほど。

オオゴシさん 女性は「色を塗るのが好き」という人が多いのも特徴ですね。

――そうなんですか。

オオゴシさん メイク、ネイル、ファッションなど、女性にとっては「色」はすごく身近で、色彩感覚やこだわりは男性よりも強い傾向にあると感じています。例えば男性にとってはどれも同じ「ピンク」に見えても、女性からすれば赤みが強いピンク、青みが強いピンクという感じで、まったく違う色。好きなピンクと嫌いなピンクがあるんですよね。それゆえに、好きな色に塗りたい、塗装が楽しいという感覚は女性ならではの特徴だと思います。

――女性が好きなプラモデルに特徴はありますか?

オオゴシさん そうですね。女性の場合は見た目や、インスピレーションで反応する人が多く、フォルムが丸っこくてカワイイという理由で、例えばズゴックやアッガイなどが好きという方も多いようです。好きなキャラクターが乗っているのでといった理由でそのプラモデルを作ったりしますね。あとは、彼や旦那さまが乗っている車を作りたいというきっかけでカーモデル製作をはじめた方もいらっしゃいます。

■女性だけのプラモデル教室も開催!

――オオゴシさんはプラモデル作りの楽しさを啓蒙する仕事をされているとのことですが……。

オオゴシさん 2009年4月から『よみうりカルチャー北千住』で第1、第3日曜日、『模型ファクトリー』(新宿マルイアネックス7F)で月2回金曜日に、プラモデル製作会を定期開催しています。また、1~2カ月に1回土曜日に女性限定の模型製作会『プラモデルパーティー』を開いています。

――先生としてひっぱりだこですね(笑)。

オオゴシさん プロモデラーとして活動させて頂いているので、少しでもプラモデルファンを増やしていきたいというご恩返しの気持ちがあります。

――女性だけの模型制作教室はいかがですか。盛況でしょうか。

オオゴシさん おかげさまで毎回ご好評を頂いています。はじめて参加してくださる方も多く、お母さんと娘さんで参加してくださる方もいらっしゃるんですよ。ひとりで作っているとどうしたらいいかわからないことも、製作会では気軽に質問できますし、何より同じ趣味を持つ女性同士、ワイワイおしゃべりしながら模型を通した交流を楽しんでいただけたらと思っています。

■好きなプラモデルの第1位はキュベレイ!

――最後にオオゴシさんの好きなプラモデルを3つ挙げてください。

オオゴシさん そうですね。一番はガンプラの『キュベレイ』ですね。女性が搭乗しているモビルスーツだというのと、フォルムの美しさが好きです。2番目はイギリスの『マチルダ戦車』です。ベージュと水色の独特の色遣いが好きですね。3番目はガンプラの『サザビー』です。初めて本格的に作った思い出深いプラモデルです。今でも好きです(笑)。

やはり男性と女性ではプラモデルに対する意識がずいぶん違うようです。プラモデル女子がこのまま増えていくと、女性ターゲットの新製品が出るようになるかもしれません。

(高橋モータース@dcp)

オオゴシ*トモエさんのサイト
http://www.054taste.jp/

写真:(C)『はじめてだってうまくいく ガンプラ塗装の教科書』より


スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。